Nature ハイライト

腫瘍免疫学:免疫療法の副作用を防止する

Nature 569, 7756

免疫チェックポイント阻害は、がん治療における有望な戦略だが、大腸炎や自己免疫応答といった重大な副作用をもたらすことがある。I Meleroたちは今回、大腸炎の症状を軽減することが知られているTNFアンタゴニストの予防的投与が、免疫チェックポイント阻害の併用療法を行った後の有害事象の軽減を助けるかどうかをマウスモデルを使って調べた。予防的投与によって免疫に関連した有害事象が軽減されることが明らかになり、また免疫療法の抗腫瘍効果が増強された。この結果は、疲弊したエフェクターT細胞の回復と関連しているかもしれない。

2019年5月16日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度