Nature ハイライト

糖尿病:インスリン産生細胞への道筋を解明

Nature 569, 7756

多能性幹細胞を膵臓運命へと分化させることには成功しているが、収率が非常に低いため、移植に適した量の膵島細胞を得るには、プロトコルの改善が必要である。その方法をよりよく理解するために、D Meltonたちは今回、10万個を超えるヒト細胞を用いて、β細胞への分化経路を単一細胞レベルで解析した。著者たちはまた、再集合手法と組み合わせることによって外分泌細胞の除去を可能にするマーカーを見いだした。これにより、β細胞をもっと効率よく産生する道が開かれる。

2019年5月16日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度