Nature ハイライト

がん:RBタンパク質は腫瘍発生のさまざまな段階で機能する

Nature 569, 7756

D Feldserたちは今回、肺がんのマウスモデルで、腫瘍発生と転移のさまざまな段階の抑制における腫瘍抑制因子RBの役割について報告している。RBは、腫瘍プログレッション時に必要なMAPKシグナル伝達を阻害する役割を担っていることが分かった。さらに、RBを不活性化すると、細胞系譜逸脱や転移が促進されることが判明した。RBの不活性化には、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)2によるRBのリン酸化が重要である。従って、CDK2の喪失や阻害は、RB再活性化作用を持つCDK4/6阻害剤に対する腫瘍細胞の感受性を高める。

2019年5月16日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度