Nature ハイライト

分子生物学:BRCA1はMYCNが誘導する転写を救済する

Nature 567, 7749

転写因子をコードしているMYCNは神経芽細胞腫では増幅されていて、腫瘍発生のドライバーとなる。今回M Eilersたちは、MYCNを過剰発現する細胞のプロモーターへBRCA1が引き寄せられ、そこでBRCA1の動員がRNAポリメラーゼIIの停止を防ぎ、MYCNが誘導する遺伝子発現を増幅させることを明らかにしている。脱調節したMYCNによって引き起こされる転写ストレスがこの機構によって克服され、MYCNによる腫瘍の発生が促進されるらしい。

2019年3月28日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度