Nature ハイライト

免疫学:T細胞寛容におけるNR4A1の役割

Nature 567, 7749

T細胞寛容の基盤となる分子機構は完全には理解されていない。今回C Dongたちは、T細胞寛容において選択的に発現が上昇する遺伝子として、転写因子Nr4a1を特定している。NR4A1を欠損するとT細胞のエフェクター機能が高まり、その結果として自己免疫と腫瘍免疫が増強されることが明らかになった。NR4A1はAP-1結合部位に結合し、AP-1の機能を阻害することによってエフェクター遺伝子の発現を抑制する。この研究は、NR4A1が将来的な治療介入の標的となる可能性を示唆している。

2019年3月28日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度