Nature ハイライト

がん治療:組織球性新生物におけるMEK阻害

Nature 567, 7749

組織球性新生物はクローン性造血障害である。分子解析から、これらの新生物の約半分がBRAF変異を持つことが明らかにされていて、そのような症例は臨床で利用可能なRAF阻害剤に応答する。これまで、組織球性新生物はERKシグナル伝達に全般的に依存していると考えられてきたことから、D Hymanたちは今回、組織球性新生物の患者にMEK阻害剤コビメチニブを投与する概念実証臨床試験を実施した。治療応答から、この戦略は異なる分子変化を持つ組織球性新生物の患者に広く適用できる可能性が示唆された。

2019年3月28日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度