Nature ハイライト

生理学:RANKLで作ったり壊したり

Nature 561, 7722

今回、鈴木洋史(東京大学)たちは、骨芽細胞のRANKLが、破骨細胞に由来するエキソソーム型RANKを認識する受容体として機能し、骨形成を促進することを明らかにしている。このシグナル伝達経路は、骨の恒常性維持に不可欠な骨吸収と骨形成のカップリングに重要な役割を果たしていることが示された。

2018年9月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度