Nature ハイライト

免疫学:STINGとPINK1は協働して体温を上昇させる

Nature 561, 7722

R Youleたちは今回、E3ユビキチンリガーゼのparkinとユビキチンキナーゼのPINK1が、運動によって誘導される炎症やミトコンドリアストレスが原因の炎症からの保護に関わっていることの証拠を示している。PINK1–parkinが仲介するマイトファジーが起こらない場合、ストレスを受けたミトコンドリアからミトコンドリアDNAが放出され、STINGに依存するI型インターフェロン応答が誘導される。著者たちは、老化したparkin欠損mutatorマウスでの炎症が、STINGの欠失により救済されることを明らかにしている。

2018年9月13日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度