Nature ハイライト

がん:多タンパク質超複合体はリンパ腫で生存促進性シグナル伝達を誘導する

Nature 560, 7718

今回L Staudtたちは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の活性化B細胞様(ABC)サブタイプの患者に、B細胞受容体(BCR)、CD79、Toll様受容体9(TLR9)とmTORが含まれている巨大分子タンパク質複合体が存在することを明らかにし、その性質について報告している。この複合体は、エンドリソソームの膜上で集合して生存促進性のNF-κBシグナル伝達を駆動し、DLBCLで使われるチロシンキナーゼBTKの阻害剤イブルチニブに対する臨床応答に大きく関わっている可能性がある。

2018年8月16日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度