Nature ハイライト

ゲノミクス:肺塩類細胞は嚢胞性繊維症遺伝子を発現している

Nature 560, 7718

J Rajagopalたちは今回、マウスにおいて気管上皮の単一細胞RNA塩基配列解読とin vivoの細胞系譜追跡を行い、肺上皮細胞の階層性、分布、出現時期を明確に示している。彼らはまた、嚢胞性繊維症で変異の見られる遺伝子CFTR(マウスではCftr)が、ヒトでもマウスでも、肺塩類細胞(pulmonary ionocyte)と呼ばれる少数の細胞集団で主に発現することを明らかにした。塩類細胞の指定に必要なこの転写因子が失われたマウスでは、CFTRの欠失に伴うヒトの表現型が再現された。

2018年8月16日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度