Nature ハイライト

有機化学: 光触媒反応と酵素触媒反応を組み合わせる

Nature 560, 7718

酵素触媒反応の特異性と「従来型の」触媒反応すなわち合成触媒反応の多様性を組み合わせることによって、逐次的反応段階を用いる場合よりも高い収率と選択性で生成物を形成する反応カスケードが得られる可能性がある。しかし、酵素反応と従来型反応では媒質、温度、条件が大きく異なることを考慮すると、このタイプの協同的方法は困難であり、これまでは動的速度論的分割と補因子再生に限られていた。今回J Hartwigたちは、光触媒的アルケン異性化反応とエンレダクターゼを用いる還元反応を組み合わせた立体収束的な協同的化学酵素反応を開発した。この反応を用いたE/Zアルケン混合物の単一生成物への還元では、より反応性の高い異性体のみを還元した場合に匹敵する収率と鏡像体過剰率が得られている。

Letter p.355
doi: 10.1038/s41586-018-0413-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.310
doi: 10.1038/d41586-018-05933-0 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年8月16日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度