Nature ハイライト

物性物理学: ファンデルワールス・ヘテロ構造体に圧力をかける

Nature 557, 7705

ファンデルワールス・ヘテロ構造体は、異なる二次元原子層物質でできていて、そうして組み立てられた複合構造体の電子物性を調節する豊かな研究活動の場をもたらしている。こうした研究では、構成層の間の電子的な結合が重要になる。今回M Yankowitzたちは、この層間結合がこうした系の不変な特徴ではないことを示している。彼らは、原子層の向きが適切にそろったヘテロ構造体では、層間距離(ひいては層間結合)が圧力に極めて敏感になり、ヘテロ構造体の電子物性が圧力によって大きく変化することを見いだしている。

Letter p.404
doi: 10.1038/s41586-018-0107-1 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年5月17日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度