Nature ハイライト

細胞再プログラム化: ニューロン再プログラム化ツールボックスを拡張

Nature 557, 7705

ニューロンの転写因子の特定の亜集団を一過的に発現させることにより、繊維芽細胞をニューロンの性質を持つ細胞へと再プログラム化できることが、数年前に明らかになった。しかし、この再プログラム化特性は、限定された転写因子セットによってのみ起こるのか、それとも他の転写因子を使って出力のより大きな多様性を生み出すことが可能なのかは、分かっていない。今回K Baldwinたちは、約600対の転写因子をスクリーニングし、ニューロン再プログラム化活性を持つ76対を特定した。彼らは、これらの誘導ニューロンを用いて、ニューロンのアイデンティティーの細胞自律的特性を明らかにした。著者たちは今回の結果が、将来の研究のために、特定の特徴を持った誘導ニューロンを作出する助けになると期待している。

News & Views p.316
doi: 10.1038/d41586-018-04978-5 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Article p.375
doi: 10.1038/s41586-018-0103-5 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年5月17日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度