Nature ハイライト

大気科学: オゾン層を破壊する化学物質の復活

Nature 557, 7705

モントリオール議定書は、大気中のオゾン層破壊物質の量を減らすことで成層圏オゾン層を保護するために策定された。今回、そうした物質の1つであるトリクロロフルオロメタンの減少速度が、2012年以降約50%低下したことが報告されている。著者たちは、国連環境計画のオゾン事務局には報告されていない、新たな生産に伴うトリクロロフルオロメタンの排出量増加によって、この減速を最もよく説明できると示唆している。1980年代後半の生産管理の実施以降、最も量が多く寿命の長い3つのクロロフルオロカーボンのうちの1つが持続的に増加したことが明らかになったのは、これが最初である。

News & Views p.317
doi: 10.1038/d41586-018-05110-3 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.413
doi: 10.1038/s41586-018-0106-2 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年5月17日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度