Nature ハイライト

細胞生物学: 停止したリボソームからペプチド鎖を遊離させる

Nature 557, 7705

真核生物では、タンパク質の合成と分解は厳密に調節されている。細胞は立ち往生したリボソーム(タンパク質合成が停止している)を認識すると、これらのリボソームを構成要素である40Sサブユニットと60Sサブユニットに解離させる。この60Sサブユニットの触媒中心にはtRNAに結合した新生ペプチド鎖が残っており、この新生ペプチド鎖は、60Sサブユニットが新しいリボソームで再利用される前にリボソーム品質管理複合体によって取り除かれなければならない。しかし、この新生鎖を分解するには、tRNAから切り離す必要がある。新生鎖の凝集を避けるにはこの段階が重要で、凝集が起こると酵母ではタンパク質毒性ストレスに、マウスでは神経変性につながることがある。R Deshaiesたちは今回、出芽酵母のVms1がペプチジルtRNAヒドロラーゼであることを明らかにしている。Vms1は、タンパク質合成の完了後にタンパク質をリボソームから遊離させる真核生物の終結因子1と同じように作用するものの、これらの2つの酵素は別のクレードに属している。

Letter p.446
doi: 10.1038/s41586-018-0022-5 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年5月17日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度