Nature ハイライト

感覚系: 熱傷回避の裏で働く遺伝子トリオ

Nature 555, 7698

多数のイオンチャネルが熱によって活性化され、その中にはTRPファミリーに属する複数のチャネルも含まれている。だが、こうしたTRPイオンチャネル遺伝子のうちの1つだけを欠くマウスは、急性の熱感知には全く異常がなかったり、軽度の異常を示すだけだったりする。今回T Voetsたちは、イオンチャネルのTRPA1、TRPV1、TRPM3をコードする3つの遺伝子全ての発現が阻害されている三重ノックアウトマウスは、有害な熱に曝露されても痛みを感知できないが、侵害的な低温刺激や機械刺激は感知でき、適温への選好性も維持されていることを示している。しかし、二重ノックアウトマウスでは予想される熱応答が維持されており、この疼痛知覚系には高度の重複性があると考えられる。熱傷回避に関わるこの知覚系では、障害が発生しても系の機能停止を防ぐ仕組みが確保されているのだろう。

News & Views p.591
doi: 10.1038/d41586-018-02663-1 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.662
doi: 10.1038/nature26137 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年3月29日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度