Nature ハイライト

遺伝子調節: CRISPR活性化によるエンハンサー機能のマッピングブックマーク

Nature 549, 7670

エンハンサーとは、細胞種特異的な転写プログラムや細胞外からの特定の合図への応答を形作る遺伝子調節エレメントである。エンハンサー機能のマッピングは、各エンハンサーが遺伝子調節に関与する細胞状況の理解が不足しているため難しい。今回A Marsonたちは、タイリングCRISPR活性化(CRISPRa)手法を用いて、CD69IL2RAという2つの自己免疫リスク座位全体で機能的エンハンサーを見つけ出した。1つの自己免疫リスクバリアントを含むIL2RAエンハンサーなどの刺激応答性エンハンサーの特徴を持ついくつかのエレメントが明らかになった。この手法は、機能的エンハンサーの特定の生物学的状況についての予備知識なしに、機能的エンハンサーを発見するのに役立つと考えられる。

Letter p.111
doi: 10.1038/nature23875 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年9月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度