Nature ハイライト

がん: 免疫回避の調節ブックマーク

Nature 549, 7670

PD-1/PD-L1阻害抗体は、さまざまながんの治療に効果を挙げている。今回M Dawsonたちは、ゲノム規模のCRISPR–Cas9スクリーニングを行い、CMTM6がPD-L1発現の新規調節因子であることを突き止めている。CMTM6は、PD-L1のリソソームによる分解を阻害して再利用を促進することにより、細胞膜でPD-L1を維持する働きをしていることが明らかになった。またこれとは別に、T Schumacherたちは、細胞表面のPD-L1発現に影響する分子や経路を発見するために行った、一倍体遺伝学的スクリーニングについて報告している。彼らは、ケモカイン様因子CMTM6とCMTM4がPD-L1の安定性を調節する細胞内在性因子であることを明らかにし、この軸を治療標的にすることで、がんの免疫療法の改善につながる可能性を示唆している。

Letter p.101
doi: 10.1038/nature23643 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.106
doi: 10.1038/nature23669 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年9月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度