Nature ハイライト

神経科学: 連合記憶系の配線図ブックマーク

Nature 548, 7666

過去の経験を基にして行動を導くために、動物は高次の平行繊維系を進化させた。哺乳類の小脳やある種の昆虫のキノコ体はそうした例である。これらの回路は多数の連合記憶を形成するのに特化したものだが、神経解剖学的なデータが不足しているために、こうした回路を完全に理解するには至っていない。今回A Cardonaたちは、この連合系の1つであるショウジョウバエ(Drosophila)幼虫のキノコ体について、初めてシナプス単位の分解能で完全な配線図を描き上げた。この研究で、例えば投射ニューロンからケニヨン細胞へのランダムな結合と定型的な結合など、複数の新しい意外な神経回路が明らかになった。今回の知見は、神経科学、心理学、ロボット工学における今後の実験やモデル化を促すだろう。

Article p.175
doi: 10.1038/nature23455 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年8月10日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度