Nature ハイライト

進化学: 類人猿の祖先の進化

Nature 548, 7666

今回発見された新種の絶滅類人猿<i>Nyanzapithecus alesi</i>の頭蓋標本(KNM-NP 59050)。
今回発見された新種の絶滅類人猿Nyanzapithecus alesiの頭蓋標本(KNM-NP 59050)。 | 拡大する

Credit: Fred Spoor

中新世(2300万~530万年前)の地球は「猿の惑星」であり、30以上の属の、40以上の種の類人猿が存在していた。しかし、完全な頭蓋の証拠から得られた知見は極めて少なく、顔および口蓋以外の頭蓋要素から知られている種はわずかであり、ヒト族および現生類人猿の直接的な近縁種の頭蓋の状態に関する情報は限られている。こうした情報の欠如はアフリカで特に顕著で、1400万~1000万年前の頭蓋標本は1つも知られていない。I Nengoたちは今回、ケニアで出土した類人猿の幼体の頭蓋について報告している。この標本は1300万年前のもので、ニャンザピテクス属(Nyanzapithecus)の新種とされた。今回の証拠からは、この類人猿にはテナガザル類との類似点が若干認められるが、こうした類似性は収斂によるものである可能性が高いこと、また、この新種が現生類人猿の共通祖先の近縁種であることが示された。

News & Views p.160
doi: 10.1038/548160a | 日本語要約 | Full Text | PDF
Article p.169
doi: 10.1038/nature23456 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年8月10日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度