Nature ハイライト

神経生理学: 軟骨魚類の電場感知ブックマーク

Nature 543, 7645

サメやエイなどの軟骨魚類は、特殊な電気感覚器官のおかげで電場の微細な変化を感知できるが、その生物物理学的機構はまだ解明されていない。今回D Juliusたちは、ガンギエイの一種Leucoraja erinaceaの電気感覚細胞では、電位依存性カルシウムチャネルCaV1.3とカルシウム活性化カリウム(BK)チャネルが共に働いて細胞膜の電位振動を引き起こし、周辺の弱い電気信号の感知を可能にしていることを明らかにしている。この研究では、この2種類のチャネルがどのような構造的適応によって哺乳類オルソログと異なったものになり、低い電位閾値での活性化や電位振動の調整が可能になったかについて、詳細に分析している。

Article p.391
doi: 10.1038/nature21401 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年3月16日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度