Nature ハイライト

がん: 子宮頸がんのゲノム・分子基盤ブックマーク

Nature 543, 7645

子宮頸がんは、世界中のがん関連死の主な原因の1つであり、症例の95%はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因である。がんゲノムアトラス研究ネットワークは今回、228例の原発性子宮頸がんについて、そのゲノム特性と分子的特性を報告している。著者たちは、著しく変異を起こしている遺伝子や経路を明らかにした。こうした遺伝子や経路は子宮頸がんのサブタイプによって異なる。さらに、ケラチンの発現が低い扁平上皮がんが多く含まれるクラスター、ケラチンの発現が高い扁平上皮がんが多く含まれるクラスター、腺がんが多く含まれるクラスターは、異なるHPVタイプと分子特性により区別できることを見いだした。

Article p.378
doi: 10.1038/nature21386 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年3月16日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度