Nature ハイライト

考古学: シルクロードの謎を解く

Nature 543, 7644

ウズベキスタンの高地(標高2000 m)で、山の斜面を流れるように移動する羊の群れ。
ウズベキスタンの高地(標高2000 m)で、山の斜面を流れるように移動する羊の群れ。 | 拡大する

Credit: Michael Frachetti

シルクロードは、はるか昔から続く、中央アジアを横断する古代の交易路ネットワークである。では、シルクロードはどのように始まったのだろうか。従来のモデルでは通常、このネットワークの一部であったことが知られている遺跡同士を結ぶ最も楽な道を推測することから始まる。しかしこれは、既知の事柄へと結果を偏らせるため、循環論法を招いてしまう。今回、M Frachettiたちは、別の手法を用いて、山岳地域での経路ネットワークが、季節に応じて高地と低地の間で家畜を移動させる牧畜民同士の数百年にわたる相互作用によって形作られてきたことを明らかにしている。これにより、シルクロードのネットワークが遊牧民の古来の局地的な移動パターンから徐々に出現したことが示唆された。この知見は、考古学での古代の接続性の発展に関する研究において、より繊細な説明を可能にすると考えられる。

News & Views p.188
doi: 10.1038/543188a | 日本語要約 | Full Text
Article p.193
doi: 10.1038/nature21696 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年3月9日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度