目次

Editorials

代替エネルギー研究への助成が減っているが、各国政府は、研究を市場任せにせず改善を図るべきだ。

Energy shame p.1

doi: 10.1038/443001a

有機化学は物理学、生物学に比べ地味で難解と思われがちだが、医薬や農薬、先端材料など、現実のさまざまな分野で必要とされている。

Beauties of synthesis p.1

doi: 10.1038/443001b

米国で9.11テロ後に外国人研究者が受けてきたさまざまな制約は緩和されつつあるが、今後も改善を続けるべきだ。

Five years on p.2

doi: 10.1038/443002a

News

SPECIAL REPORT 米国の研究機関が、外国人研究者の米国離れを食い止めようと努力を。

Safe passage p.6

doi: 10.1038/443006a

イスラム圏では複数の暦が併用されているが、米国のイスラム社会が単一の太陰暦の導入へ。

Muslim council phases in lunar calendar p.8

doi: 10.1038/443008b

ヒトとほかの霊長類との決定的な違いの手がかりを求めて、ゲノムの比較研究が盛んに。

Mix and match: the hunt for what makes us human p.8

doi: 10.1038/443008a

イランの核開発をめぐる政治情勢の影響で、イラン人研究者が学会から締め出し。

French confusion leaves Iranians locked out of meeting p.10

doi: 10.1038/443010b

ローマカトリック教会が、生物の進化を認める方向。

When science and theology meet p.10

doi: 10.1038/443010a

「倫理問題のない」幹細胞作成をうたった研究が、胚を破壊していたことがわかり、強い批判が。

'Ethical' stem-cell paper under attack p.12

doi: 10.1038/443012a

News Features

太陽エネルギー:シリコンバレーの日の出

p.19

太陽光電池の開発に、強い関心が集まっている。

doi: 10.1038/443019a

太陽エネルギー:陽の当たる国

p.23

オーストラリアでは、太陽光の熱の活用が注目されている。

doi: 10.1038/443023a

News & Views

感染性をもつ腫瘍細胞

Infectious tumour cells p.35

がん細胞は一般に、その宿主に生まれつき備わっている厄介者であると見なされている。しかし、がん細胞が感染性をもつように進化し、個体間で伝播する可能性を示す証拠が増えつつある。

doi: 10.1038/443035a

乱流は一時的

p.36

流体の流れの多くで、乱流は普通永続的な現象であると見なされている。剪断乱流の寿命は極めて長い場合もあるが、有限であるという報告によって、この考え方に疑問が投げかけられている。

doi: 10.1038/443036a

目的に合った抗ウイルス薬

p.37

H5N1鳥インフルエンザウイルスの酵素の結晶構造が明らかにされ、インフルエンザ用の抗ウイルス薬の開発は運のよい突破口だったらしいことがわかってきた。さらなる探求の道がここから開かれそうだ。

doi: 10.1038/443037a

誤差の制御

Controlling our errors p.38

佐藤‐テイト(Sato-Tate)予想は、整数論の多くの問題に生じる誤差項は特定の確率分布に従うというものである。この推論は現在、多くの問題で検証されている。

doi: 10.1038/443038a

使える分子タグ

Playing molecular tag p.39

蛍光分子を使って、ある種の化学刺激の有無を調べる「論理ゲート」を作ることができる。こうしたゲートは、分子などの小さな対象に標識をつけたり、同定を行ったりする際に極めて有用な手段となる。

doi: 10.1038/443039a

触媒で対称性を破る

p.40

対称な前駆体から非対称な分子を作り出すのは、有機合成では有用な戦略である。新種の触媒は、対称性を破る独自の反応によりこの作業をやってのける。

doi: 10.1038/443040b

タンパク質合成の厄介な結末

p.41

遺伝暗号の翻訳が一般にどのくらいの正確さでなければいけないのかはわかっていない。しかし、校正が予防的役割を果たしていることは、小さな間違いが破壊的な結果につながるという例から明らかである。

doi: 10.1038/443041a

Articles

H5N1鳥インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼの構造から考えられる新しい薬剤設計方針

The structure of H5N1 avian influenza neuraminidase suggests new opportunities for drug design p.45

doi: 10.1038/nature05114

編集機能に欠陥のあるtRNA合成酵素は、タンパク質の誤った折りたたみと神経変性を引き起こす

Editing-defective tRNA synthetase causes protein misfolding and neurodegeneration p.50

doi: 10.1038/nature05096

Letters

小惑星25143番イトカワの表面にみられる進行中の宇宙風化作用

Developing space weathering on the asteroid 25143 Itokawa p.56

doi: 10.1038/nature05073

剪断流における乱流持続時間は有限である

Finite lifetime of turbulence in shear flows p.59

doi: 10.1038/nature05089

燃料電池向けの非貴金属複合触媒類

A class of non-precious metal composite catalysts for fuel cells p.63

doi: 10.1038/nature05118

アミノ酸由来小分子によって触媒されるアルコールのエナンチオ選択的シリル保護

Enantioselective silyl protection of alcohols catalysed by an amino-acid-based small molecule p.67

doi: 10.1038/nature05102

気候温暖化への正のフィードバックをもたらすシベリアのthaw lakeからのメタン発泡

Methane bubbling from Siberian thaw lakes as a positive feedback to climate warming p.71

doi: 10.1038/nature05040

安山岩質火山直下で減圧によって引き起こされる結晶化によるマグマの加熱

Magma heating by decompression-driven crystallization beneath andesite volcanoes p.76

doi: 10.1038/nature05100

視覚剥奪による皮質内抑制の増強

Potentiation of cortical inhibition by visual deprivation p.81

doi: 10.1038/nature05079

頭頂葉皮質における視覚カテゴリーの経験依存的な表現

Experience-dependent representation of visual categories in parietal cortex p.85

doi: 10.1038/nature05078

有限集団では有害突然変異間の干渉が性と組み換えに有利に働く

Interference among deleterious mutations favours sex and recombination in finite populations p.89

doi: 10.1038/nature05049

底生有孔虫で完全な脱窒作用が行われている証拠

Evidence for complete denitrification in a benthic foraminifer p.93

doi: 10.1038/nature05070

体細胞生殖細胞間の相互作用はショウジョウバエの生殖巣における恒常性と成長を統合する

Soma-germline interactions coordinate homeostasis and growth in the Drosophila gonad p.97

doi: 10.1038/nature05068

進化の過程で保存された受精能にかかわる因子を精子クロマチンでプロテオミクス手法により同定

Sperm chromatin proteomics identifies evolutionarily conserved fertility factors p.101

doi: 10.1038/nature05050

シロイヌナズナではオーキシン担体を輸送するエンドソームをAtSNX1が規定している

AtSNX1 defines an endosome for auxin-carrier trafficking in Arabidopsis p.106

doi: 10.1038/nature05046

リボヌクレアーゼIIとそのRNA結合複合体によるRNA分解動態の解明

Unravelling the dynamics of RNA degradation by ribonuclease II and its RNA-bound complex p.110

doi: 10.1038/nature05080

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度