The Nature Top Ten アクセスランキング

Nature アクセスランキングでは、前月nature.comで、最もダウンロードが多かった記事や論文をランキングしています。日本サイトでは、一部日本語要約も掲載しております。ここにおけるランクは、論文・記事の質、科学的重要性、引用回数などを示すものではありません。人気のあったコンテンツをお楽しみください。

1

「胎児マイクロバイオーム」議論を評価する

Nature 613 2023年1月26日

今回、胎児にマイクロバイオームが存在するかどうかに関して議論の評価が行われ、以前検出された微生物シグナルがコンタミネーションの結果である可能性が高いことが見いだされるとともに、生物量が少ない部位でマイクロバイオームの存在を調べる際に考慮すべき点が明らかになった。

Perspective doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05546-8

2

フェルミの黄金律を破る光子

Nature 613 2023年1月26日

今回、共振器内の単一光子の崩壊において、フェルミの黄金律を破り、多粒子共鳴の出現につながる、多体局在現象を観測した結果が報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05615-y

3

強誘電体ドメイン壁に形成されるメモリスター

Nature 613 2023年1月26日

今回、強誘電体における面内帯電ドメイン壁のメモリスター的な挙動が報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05503-5

4

アト秒の電界放出

Nature 613 2023年1月26日

今回、アト秒電子パルスの光電界放出を生じさせ、そのダイナミクスを実時間で調べた結果が報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05577-1

5

ウエアラブル心臓撮像デバイス

Nature 613 2023年1月26日

今回、運動時やストレス試験時などのさまざまな状況下で心臓を撮像する、ウエアラブル超音波トランスデューサーが報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05498-z

6

電力変換効率が27%を超える全ペロブスカイト太陽電池

Nature 613 2023年1月26日

今回、ジアンモニウム分子を用いてペロブスカイト界面における表面電位を調節することによって、電力変換効率が27%を超える全ペロブスカイト太陽電池が報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05541-z

7

複数の材料を用いたフィラメントの回転式印刷

Nature 613 2023年1月26日

今回、1回の印刷動作で、複数種の材料でフィラメント内にらせん状ファイバーや波状ファイバーを印刷できる3D印刷ノズルが報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05490-7

8

機械学習による有機反応機構の分類

Nature 613 2023年1月26日

今回、化学反応機構の理解に役立つ機械学習アルゴリズムが報告されている。

News & Views doi: 10.1038/10.1038/d41586-023-00145-7

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05639-4

9

トラウマが心を閉ざす原因

Nature 613 2023年1月26日

今回S Russoたちは、社会的な心的外傷(トラウマ)を受けたマウスでは、外側中隔の一部の細胞集団が過剰に活性化される結果、それまでは報酬の得られていた社会体験を社会的脅威として認識するようになる可能性があることを示している。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05484-5

10

ワクチン未接種者のただ乗りは許せない

Nature 613 2023年1月26日

今回、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種者は未接種者に対して否定的な意見を持つのに対し、未接種者は接種者に対してそうした意見はほぼ持たないことが明らかになった。こうした結果は、21カ国の人々を対象にした複数の実験に基づくものであり、協調に大きな価値を置く文化を持つ国ほど強く表れる傾向がある。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-022-05607-y

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度