News

火星の内部構造に迫る探査機

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180810

原文:Nature (2018-05-03) | doi: 10.1038/d41586-018-04964-x | Mars quakes set to reveal tantalizing clues to planet’s early years

Alexandra Witze

謎に満ちた火星のコアの詳細を解明すべく、惑星の「鼓動」を聞き取る聴診器を搭載したNASAの探査機が火星に向かって飛行中だ。

11月に火星に着陸して地震を観測するNASAの火星探査機インサイトの想像図。 | 拡大する

NASA/JPL-CALTECH

2018年5月5日、米航空宇宙局(NASA)はバンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)から9億9400万ドル(約1100億円)の火星探査機「インサイト」(InSight)を打ち上げた。ミッションの主要な任務は、火星の表面に地震計を設置し、火星の内部で反射する地震波に耳を傾けることだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度