News

はやぶさ2が小惑星リュウグウに到着!

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180802

原文:Nature (2018-06-28) | doi: 10.1038/d41586-018-05544-9 | Daring Japanese mission reaches unexplored asteroid Ryugu

Davide Castelvecchi

今後は小惑星の表面に4機の着陸機を送り込み、自らもタッチダウンして試料採取を行う予定だ。

拡大する

JAXA

2014年12月に打ち上げられた日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が、当初の予定通り3年半かけて、2018年6月27日、ついに目的地である小惑星「リュウグウ」の上空20kmの地点に到着した。はやぶさ2は年内にも小惑星の表面に4機の着陸機を投下し、2020年には貴重な試料を地球の研究室に持ち帰る予定だ。すでに惑星科学者たちは、謎の多いリュウグウの姿を、これまでで最も近い距離から眺めている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度