News

ミツバチは「ゼロ」が分かる

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180807

原文:Nature (2018-06-07) | doi: 10.1038/d41586-018-05354-z | Honeybees can count to zero

Giorgia Guglielmi

ヒトやイルカのように「ゼロ」の概念を理解できることが判明している動物はごく少数だが、意外にもそこに昆虫が仲間入りした。

どうやらミツバチは、「何もない」といった抽象的な観念を理解できるようだ。 | 拡大する

Anand Varma/Getty

ミツバチは「何もない」と「何かがある」を区別できるようだ1。しかも、ゼロを正の整数列の最下端に位置付けることもできる。これまでの研究から、セイヨウミツバチ(Apis mellifera)は最大で4個の物体まで数えられることが明らかになっている2。今回の研究は、ミツバチが抽象的な概念を把握できることを初めて示唆したものだと、ロンドン大学クイーンメアリー校(英国)の行動生物学者Lars Chittkaは話す。「私はこれまで何度も、ハナバチ類に見られるどの知的行動も意外なものではないと言ってきましたが、今回の報告は、そんな私にとっても驚きでした」。彼は2017年に、マルハナバチが仲間の行動を見て、サッカーを学習できることを示した3(2017年5月号「ハチは仲間のプレーでサッカーを覚える」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度