Nature ハイライト

天文学:GRB 171205A/SN 2017iukにおけるジェットのコクーン

Nature 565, 7739

継続時間の長いγ線バーストに付随する超新星の初期の進化の研究は、光において支配的なのがバーストの残光であることが多いため難しい。今回L Izzoたちは、GRB 171205A/SN 2017iukの初期スペクトルを報告している。このバーストの初日の膨張速度は、約11万5000 km s−1であった。彼らは、初期の化学組成が後期の観測から決定されたものとは異なっていることを示した。そして、こうした違いが、高温のコクーンを生成している超相対論的ジェットが、親星が放出した媒質に衝突して減速することで生じていると結論している。

2019年1月17日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度