Nature ハイライト

幹細胞: 分化転換による胆管系の構築

Nature 557, 7704

分化転換とは、1つのタイプの成熟細胞を他のタイプの細胞に完全に形質転換させる現象で、一般的に、損傷によって喪失した細胞を置換する手段として、動物において観察される。今回H Willenbringたちは、マウスで、肝細胞の胆管細胞への分化転換が、アラジール症候群(ALGS)の患者で見られるような胆管系の欠損を補償することを示している。この補償現象はTGFβの投与により増強できることが示され、将来の治療のための有望な道が示唆された。

Letter p.247
doi: 10.1038/s41586-018-0075-5 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年5月10日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度