Nature ハイライト

宇宙物理学: 磁気再結合の決定的証拠

Nature 557, 7704

磁気再結合は、ねじれた磁力線がしばしば爆発的に再配置される現象である。理論的に「Xライン」から離れる方向に加速していると予想されているジェットが、新たに再結合した磁力線の位置を示す。地球の磁気圏などの乱流プラズマでは、この再結合がエネルギー散逸に重要な役割を果たしている可能性がある。再結合はまた、地球の磁気圏や太陽における基本過程であるとも考えられているが、予想されているジェットを示す証拠はなかった。今回T Phanたちは、太陽風が磁気圏の周りを緩く取り巻いている場所である地球の磁気シースを、高い時間分解能・空間分解能で観測した結果を報告している。彼らは、電子スケールの電流シートから放出される双方向性の電子ジェットを確認した。受け入れられている磁気再結合の描像とは異なり、このシートは、より広いイオンスケールの電流層を伴ってはおらず、イオンのジェットは見られなかった。

Letter p.202
doi: 10.1038/s41586-018-0091-5 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年5月10日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度