Nature ハイライト

代謝:AMPK活性化の新しい機構

Nature 548, 7665

AMPKは代謝恒常性の重要な調節因子で、その機能異常は糖尿病、肥満、がんなどのさまざまな病気につながりかねない。グルコース飢餓のようなストレスのかかる状況では、AMPKが活性化することが知られている。グルコースが枯渇すると、グルコース代謝の低下によるATPの減少とAMP、ADPの増加が起こるため、カノニカルなAMP/ADP依存性方式でAMPKが活性化されると考えられてきた。しかし今回、S Linたちは実際にはそうではないことを明らかにした。グルコース飢餓は、AMP/ADPとは無関係に、別の経路を介してAMPKを活性化するのである。解糖の際に、グルコースはフルクトース 1,6-ビスリン酸(FBP)に変換され、これが次いでFBPアルドラーゼによって加工される。グルコースが無い場合、FBPが結合したアルドラーゼが減少し、これがLKB1のリン酸化とAMPKの活性化を引き起こすことが明らかになった。この研究により、FBPがグルコースの入手可能性を知らせる重要な代謝産物であり、FBPアルドラーゼがセンサーとなってこの情報をAMPKに伝達することが明らかになった。

2017年8月3日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度