Nature ハイライト

進化遺伝学:Osteocrinは霊長類の脳の発生で働く因子である

Nature 539, 7628

脳の発生を促す遺伝子発現ネットワーク研究の多くは、マウスを用いて行われてきた。マウスに比べると、他の動物群、特に霊長類での発現ネットワークについて得られている知識はわずかであり、大脳皮質が非常に発達した霊長類では、マウスモデルと異なる可能性がある。今回、M Greenbergたちが明らかにしたマウスの非神経性の分泌因子であるOsteocrinは、霊長類では進化の過程で、神経発生遺伝子としても機能するようになった可能性がある。Osteocrinは、ヒトやマカクザルの新皮質で特異的に発現している。マウスではOsteocrinは骨や筋組織に高発現するが、脳では発現していない。

2016年11月10日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度