Nature ハイライト

がん幹細胞:白血病では変異が生じた微小環境が存在する

Nature 539, 7628

Rasシグナル伝達経路の一部であるチロシンホスファターゼSHP2(PTPN11にコードされる)の遺伝性変異は、白血病の発症リスクの上昇が見られる症候群と関連があると考えられている。マウスモデルにおけるこれまでの研究で、PTPN11の変異を持つ造血幹細胞の機能には異常が示されており、細胞自律的な影響が考えられていた。今回C Quたちは、PTPN11の変異が骨髄環境の細胞にも影響を及ぼし、それによって造血幹細胞の正常な制御が阻害され、白血病の発症が促進されることを見いだした。CCL3受容体アンタゴニストの投与により、Ptpn11変異を持つ骨髄微小環境によって引き起こされる発がんが効果的に抑制された。

2016年11月10日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度