Nature ハイライト

再生医療: 腸神経系の前駆細胞

Nature 531, 7592

腸神経系(ENS)は正常な腸機能に不可欠で、他の神経回路からある程度独立して機能している。今回L Studerたちは、ENS前駆細胞やENSに見られるさまざまなニューロンを、ヒト多能性幹細胞から得るための分化プロトコルを開発した。これらの細胞はニワトリ胚の腸や成体マウスの結腸で移動や生着が可能であることが示され、遠位結腸へ移動するENS前駆細胞の発達不全によって引き起こされるヒルシュスプルング病のマウスモデルでは機能の救済が観察された。また、ヒルシュスプルング病の患者由来のENS前駆細胞を使って、これらの細胞の特性を調節できる薬剤のスクリーニングができることも示された。

News & Views p.44
doi: 10.1038/nature16877 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.105
doi: 10.1038/nature16951 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2016年3月3日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度