Nature ハイライト

構造生物学: BAM複合体の構造を決定

Nature 531, 7592

グラム陰性細菌のBAM(β-barrel assembly machinery)複合体はタンパク質の細菌外膜への挿入や折りたたみを行っている。しかしその作用様式は十分には分かっておらず、その主な理由はこの装置の全体構造が得られていないことである。今回C Dongたちは、大腸菌(Escherichia coli)のBAM複合体について、2つの異なるコンホメーション状態にある際の結晶構造を報告していて、構造の1つにはBamAからBamEまでの5つのサブユニットの全てが含まれている。この構造と機能解析、それに分子動力学シミュレーションの結果と合わせて、著者たちは外膜へのタンパク質挿入のモデルを提案している。

Article p.64
doi: 10.1038/nature17199 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2016年3月3日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度