Nature ハイライト

がんの代謝: 2種類のKras肺がん

Nature 531, 7592

多くの高悪性度腫瘍(あまり分化が進んでおらず増殖が速い傾向にある腫瘍)は、変異型Krasのコピー数が増加しているが、この変異型コピー数の増加が悪性度や治療応答性に影響するのどうかは不明である。C Martinsたちは今回、KrasG12Dコピー数の異なるKras変異細胞は、表現型も異なることを明らかにした。変異型Krasコピー数の増加は、新たなブドウ糖代謝の特性を誘導し、悪性度を上昇させた。関連する代謝経路のつなぎ替えは、酸化還元制御の亢進を引き起こし、これによって独特な代謝依存性が生じる。著者たちはこの依存性が選択的な標的となり得ることを示している。従って、変異型Kras肺がんは、変異型対立遺伝子の相対的な量に基づく2種類の腫瘍からなっており、これらは代謝プロファイル、予後、治療感受性が異なっている。

Letter p.110
doi: 10.1038/nature16967 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2016年3月3日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度