Nature ハイライト

神経科学:脳の世界観

Nature 519, 7542

上丘は進化的に保存された脳構造で、視覚定位行動に重要な役割を持つが、そこで視覚刺激がどのように表現されているかはよく分かっていない。今回E Feinberg と M Meisterは、マウス上丘ニューロンが線分視覚刺激の方位と移動方向に対する選択性によってグループ化されており、その配置は高等哺乳類の視覚野のカラム構造に似ていると報告している。この機能構造は、上丘は視覚世界を刺激の方位について非一様にサンプリングしていることを示唆しており、上丘によって行動応答が仲介されている可能性が考えられる。

2015年3月12日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度