Nature ハイライト

宇宙物理学:巨大銀河の星形成率

Nature 519, 7542

今回M Voitたちは、熱不安定性によって高温ガスから低温の雲が降下するというモデルを裏付ける銀河冷却のシミュレーション結果を報告している。こうした降下のしきい値は、銀河団の半径、銀河団の質量、宇宙時間の広い範囲にわたって適用されることが分かった。このシミュレーション結果と観測結果の比較から、銀河団中の高温ガスの熱力学的状態、また宇宙で最大級の銀河での高温星の形成率が調節される仕組みが説明される。

2015年3月12日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度