Nature ハイライト

量子物理学:極低温における反強磁性秩序

Nature 519, 7542

光格子中の極低温原子気体を用いれば、理論や計算はうまく表せない凝縮物質現象をシミュレートできる。今回、光格子補償技術を使って、反強磁性相転移温度のわずか1.4倍という前例のない低い温度でのハバード模型のシミュレーションに成功したことが報告されている。正確な温度は光散乱法を用いて測定された。この温度領域では、今回の系は、最高の理論手法や数値手法でモデリングできる限界に極めて近い。格子補償技術をさらに改良すれば、もっと低い温度が得られる可能性があり、そうなればd波超伝導など他の興味深い凝縮物質現象もシミュレートできるようになるかもしれない。

2015年3月12日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度