Nature ハイライト

分子進化学: DNAの挿入を阻止するための戦い

Nature 516, 7530

霊長類のゲノムは、レトロトランスポゾンの挿入に何度も直面しながら、挿入の防止や挿入された配列の転写の阻止に努めて、これまで持ちこたえてきた。マウスの胚性幹細胞では、この転写抑制にKRABジンクフィンガー(KZNF)タンパク質が関与している。KZNF遺伝子は霊長類で最も急激に成長した遺伝子ファミリーの1つであり、霊長類が新たに出現したレトロトランスポゾンに対処できるのは、このファミリーの拡大によっていると考えられてきた。今回、この仮説を裏付ける証拠が報告された。霊長類に特異的な2種類のKZNF遺伝子ZNF91ZNF93が、この2500万年の間に出現した別々のレトロトランスポゾンファミリーを抑制するために進化してきたことが明らかになったのである。この新しいデータによれば、KZNF遺伝子が拡充して、新たに出現したレトロトランスポゾンの活動を制限すると、次にレトロトランスポゾンの方が変異して抑制から逃れるらしい。

Letter p.242
doi: 10.1038/nature13760 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年12月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度