Nature ハイライト

細胞生物学: 生細胞でのヒストン修飾

Nature 516, 7530

ヒストンタンパク質の翻訳後修飾は、遺伝子調節に重要な役割を担っているが、このような標識が、転写の能動的調節因子であるのか、それとも下流で起こる結果であるのかどうかは分かっていない。今回、T Stasevichたちは、単一生細胞でのヒストンアセチル化とRNAポリメラーゼII活性の動的な相互作用を、蛍光顕微鏡を使って高い時間分解能で調べた。活性化された遺伝子座でのヒストンH3リシン27のアセチル化は、転写活性化因子の動員を高め、また、RNAポリメラーゼIIの転写開始から伸長への移行を促進した。これらの知見は、ヒストンアセチル化が転写活性化の2つの別の段階に、反応が進む原因となるような影響を与えることを示している。

Letter p.272
doi: 10.1038/nature13714 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年12月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度