Nature ハイライト

細胞生物学: 核内受容体によるオートファジーの制御

Nature 516, 7529

オートファジーは、細胞が自身の構成要素をリソソームという細胞小器官で消化する現象で、さまざまな型がある。オートファジーの基本型は、飢餓時に栄養分を再利用して細胞の恒常性を維持するというもので、従って、栄養を感知するシグナル伝達メディエーターが短期的にオートファジーを調節するのは意外なことではない。今回2つの研究が、飢餓により誘導されるオートファジーが、長期の転写制御を介して調節される場合もあることを示している。J Kemperたちは、摂食状態では、核内受容体FXRが肝臓でのオートファジーを抑制することを見いだした。FXRは、絶食条件下で転写活性化因子CREBにより引き起こされるオートファジーに関連した脂質分解を抑制するようである。また、D Mooreたちも、FXRを介したオートファジーの抑制を観察した。さらに彼らは、絶食状態で活性化される別の核内受容体PPARαはオートファジーを引き起こすが、PPARαとFXRがオートファジー遺伝子のプロモーターの共用部位への結合で競合して、相反するの転写出力をもたらすことを見いだした。

News & Views p.40
doi: 10.1038/nature13939 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.108
doi: 10.1038/nature13949 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.112
doi: 10.1038/nature13961 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年12月4日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度