Nature ハイライト

細胞生物学: 重要な細菌呼吸鎖酵素

Nature 516, 7529

ナトリウム輸送型NADH-キノン酸化還元酵素(Na+-NQR)は、コレラ菌(Vibrio cholerae)のような病原体も含まれる多様な細菌で呼吸鎖に存在する膜タンパク質複合体である。この複合体はミトコンドリアの複合体Iと似ているが、相同ではない。J Steuberたちは、コレラ菌由来のこの酵素の3.5 Å分解能でのX線結晶構造を、そのサブユニットであるNqrA、NqrCおよびNqrFの高分解能構造とともに明らかにしている。Na+-NQRは、補因子のFADと[2Fe-2S]クラスターを1個ずつ、共役結合した補因子のフラビンモノヌクレオチドを2個、やはり補因子であるリボフラビンとユビキノンを1個ずつ含んでいる。構造解析から、NqrB中のフラビンモノヌクレオチド補因子の酸化還元状態の変化が、NqrBサブユニットのチャネルを通るNa+輸送が起こるのに重要であることが示唆された。この構造は新規な抗生物質開発の基盤となりそうだ。

Article p.62
doi: 10.1038/nature14003 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年12月4日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度