Nature ハイライト

量子物理学: ゲートを通って量子ネットワークへ

Nature 508, 7495

飛行する光フォトニックキュービット(偏光)と単一トラップ原子キュービット(スピン)の間の量子ゲートを開発することは、量子情報科学の長年にわたる目標であった。そのようなゲートは、量子計算を多数のキュービットへ拡張し、量子通信を長距離にまで拡張するのに必要である。今回、独立した2つのグループが、そのようなゲートの実現に成功したことを報告している。G Rempeたちは、レーザートラップされた原子キュービットと単一光子の間の量子ゲートを実証した。この場合には、光子の偏光はこの原子のスピン状態に厳密に依存してフリップした。M Lukinたちも同様な成果、すなわち、フォトニック結晶の近くの単一トラップ原子と単一光子との間の量子ゲート効果について述べている。

News & Views p.195
doi: 10.1038/508195a | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.237
doi: 10.1038/nature13177 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.241
doi: 10.1038/nature13188 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年4月10日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度