Nature ハイライト

宇宙: 小惑星表面は熱サイクルによって形作られる

Nature 508, 7495

小さな小惑星の表面は、レゴリスと呼ばれる塵や小石のようなものでできた層で覆われている。レゴリス形成の標準的な考えでは、レゴリスの大部分は微小隕石衝突で作られた岩屑であるとされてきた。しかし、このような衝突は十分強いので、多くの岩屑は小惑星表面に降り積もるのではなく、遠くに飛び去ってしまうだろうと示唆されており、疑問が生じている。今回M Delboたちは、熱疲労がレゴリス形成のより可能性の高い説明となることを実証している。マーチソン隕石(CM2)とサハラ97210隕石のセンチメートルサイズの試料を連続的な熱サイクルにさらした実験から、温度の日変化で生じる熱破砕の方が、微小隕石衝突による場合よりもより速やかに、このような岩石を破壊することが示唆されている。

Letter p.233
doi: 10.1038/nature13153 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.190
doi: 10.1038/nature13222 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年4月10日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度