Research Press Release

実は加速していた全球的な海水準上昇

Nature Climate Change

2015年5月12日

Global sea-level rise has actually accelerated

全球的な海水準上昇は、従来の方法による推定結果に反して、過去10年間にわたって加速していたとする論文が、今週のオンライン版に掲載される。人工衛星からのデータを調べた過去の研究では、海水準の上昇が過去10年間に鈍化したという結論が示されていたが、海水準を計算する際に土地垂直変動(VLM)を考慮に入れていなかった。

今回、Christopher Watsonたちは、GPS観測によるVLMと全球の海洋全体に設置された検潮器のネットワークから1時間に一度送られてくるデータを組み合わせて、人工衛星による海水準の測定結果の不正確な点を明らかにし、補正した。その結果、1993年から2014年半ばまでの全球的な平均海水準上昇の全体的速度が年間3.2 mmから2.6~2.9 mmに下がった。

この補正の影響を最も大きく受けたのが最初の6年間(1993~1999年)で、平均海水準上昇速度の推定値が年間0.9~1.5 mm低下した。今回の再計算の結果、近年の海水準上昇速度は20世紀と比べると実は加速していたことが判明した。Watsonたちは、こうした加速が、同時期のグリーンランドと西南極の氷床の融解による寄与とかなり一致しており、最近のモデル予測とも整合性があるという考え方を示している。

doi:10.1038/nclimate2635

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度