Nature Catalysis

Now open for submissions

Nature Catalysis は、2018年1月に創刊されるオンライン限定ジャーナルです。

Nature Catalysis は、均一系触媒作用、不均一系触媒作用、生体触媒作用の分野の基礎研究と応用研究の成果を掲載し、化学の全領域と関連分野の研究者を結びつけます。触媒作用研究の科学的側面と商業的側面の両方を対象とする本誌は、科学者、技術者、産業界の研究者のための、他に類を見ないジャーナルです。

2018年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Catalysis 創刊号のコンテンツを2018年12月末まで無料公開いたします。ぜひご覧ください。

最新Research

化学触媒反応と生体触媒反応を組み合わせる機会と課題

Opportunities and challenges for combining chemo- and biocatalysis

掲載

化学触媒と生体触媒には、合成化学において異なる長所と短所がある。本Reviewでは、化学触媒と生体触媒を組み合わせる取り組みに注目し、この方法で実現可能な機会と、異なる系の間の不適合性を克服する取り組みについて概説する。

ゼオライトによる芳香族求電子置換によって生成されるWheland型反応中間体

Electrophilic aromatic substitution over zeolites generates Wheland-type reaction intermediates

掲載

バイオエタノールによるベンゼンのアルキル化は、汎用化学品を合成する持続可能な方法となる可能性があるが、その反応機構に関する知見はほとんどない。今回Weckhuysenたちは、ゼオライト触媒を用いたエタノールによるベンゼンのアルキル化を調べ、活性アルキル化剤を特定するとともに、σ錯体中間体の存在を実験的に示している。

Nature Catalysis注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Catalysis に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Catalysis では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Catalysis に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度