Nature Catalysis

Now open for submissions

Nature Catalysis は、2018年1月に創刊されるオンライン限定ジャーナルです。

Nature Catalysis は、均一系触媒作用、不均一系触媒作用、生体触媒作用の分野の基礎研究と応用研究の成果を掲載し、化学の全領域と関連分野の研究者を結びつけます。触媒作用研究の科学的側面と商業的側面の両方を対象とする本誌は、科学者、技術者、産業界の研究者のための、他に類を見ないジャーナルです。

2018年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Catalysis 創刊号のコンテンツを2018年12月末まで無料公開いたします。ぜひご覧ください。

最新Research

性能最適化のためのハイブリッド触媒構築の基礎と戦略

Foundations and strategies of the construction of hybrid catalysts for optimized performances

掲載

均一系触媒、不均一系触媒、酵素触媒には、それぞれ異なる長所と短所がある。本Perspectiveでは、ハイブリッド触媒を構築する重要な手法、利点、課題について論じるとともに、ハイブリッド触媒でさまざまな触媒過程が改善される可能性を明らかにする。

らせん度を電気的に変化させることによって高純度半導体カーボンナノチューブを成長させる

Growing highly pure semiconducting carbon nanotubes by electrotwisting the helicity

掲載

エレクトロニクス産業におけるカーボンナノチューブの事業展開の主な障害は、純粋な半導体ナノチューブの水平アレイの作製が要求されることである。今回、合成中に印加電場の向きを切り替えることによって高純度半導体ナノチューブを作製する方法が報告されている。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

Nature Catalysis注目のハイライト

その他のハイライト

著者インタビュー

窒素固定 ― 常識破りのメカニズムに迫る

細野 秀雄氏、多田 朋史氏

空気中の窒素から、肥料として不可欠なアンモニアを作る「ハーバー=ボッシュ法」は、人類の食料供給を100年以上にわたり支えてきた。ただし、この方法は高温高圧が不可欠であるため、多くのエネルギーと大型プラントが必要となる。このため、消費エネルギーが低く小型の設備かつオンサイトで可能な窒素固定法の開発は、現在最も社会的要請の高い研究の1つだ。このほど、ランタン・コバルト・ケイ素の3元素から成る金属間化合物(LaCoSi)が、400℃、常圧という従来よりはるかに温和な条件下で窒素固定触媒として働くことが、Nature Catalysis に報告された。その開発の過程について、細野秀雄・東京工業大学教授および多田朋史・同大学准教授に話を聞いた。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Catalysis に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Catalysis では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Catalysis に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度