Nature Catalysis

Now open for submissions

Nature Catalysis は、2018年1月に創刊されるオンライン限定ジャーナルです。

Nature Catalysis は、均一系触媒作用、不均一系触媒作用、生体触媒作用の分野の基礎研究と応用研究の成果を掲載し、化学の全領域と関連分野の研究者を結びつけます。触媒作用研究の科学的側面と商業的側面の両方を対象とする本誌は、科学者、技術者、産業界の研究者のための、他に類を見ないジャーナルです。

最新Research

ナノ粒子のサイズと格子酸素がNiFeOxHy上での水の酸化に及ぼす影響

Impact of nanoparticle size and lattice oxygen on water oxidation on NiFeOxHy

掲載

アルカリ性電解質中でNi(Fe)OxHy触媒の水の酸化活性が高い理由は、まだよくわかっていない。今回、Chorkendorffたちは、質量選別したNiFeナノ粒子の活性傾向を測定することによって、酸素生成が表面近傍領域に制限されることを報告している。

Mn触媒を用いるC–H官能基化における主要な炭素–炭素結合形成段階を解明する

Mapping out the key carbon–carbon bond-forming steps in Mn-catalysed C–H functionalization

掲載

機構的理解によって新しい反応性の開発が促進される可能性があるが、触媒サイクルにおける主要な結合形成段階や結合切断段階は速すぎて観察できないことが多い。今回著者たちは、Mn触媒を用いるC–H官能基化における主要中間体を光化学的に生成し、時間分解赤外分光法を用いてその後の反応段階を7桁の時間スケールにわたって追跡している。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

Nature Catalysis注目のハイライト

その他のハイライト

著者インタビュー

窒素固定 ― 常識破りのメカニズムに迫る

細野 秀雄氏、多田 朋史氏

空気中の窒素から、肥料として不可欠なアンモニアを作る「ハーバー=ボッシュ法」は、人類の食料供給を100年以上にわたり支えてきた。ただし、この方法は高温高圧が不可欠であるため、多くのエネルギーと大型プラントが必要となる。このため、消費エネルギーが低く小型の設備かつオンサイトで可能な窒素固定法の開発は、現在最も社会的要請の高い研究の1つだ。このほど、ランタン・コバルト・ケイ素の3元素から成る金属間化合物(LaCoSi)が、400℃、常圧という従来よりはるかに温和な条件下で窒素固定触媒として働くことが、Nature Catalysis に報告された。その開発の過程について、細野秀雄・東京工業大学教授および多田朋史・同大学准教授に話を聞いた。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Catalysis に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Catalysis では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Catalysis に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度