Nature Computational Science は2021年1月創刊のオンライン限定の月刊ジャーナルで、成長を続ける計算科学分野の基礎研究と応用研究の両方に関心を持っています。

本誌は、計算手法や数理モデルの開発と利用や、さまざまな科学分野にまたがる複雑な問題に対処するための応用に焦点を合わせたジャーナルです。本誌の主な目的は、学際的な研究を促進し、新しい計算手法が多くの研究分野に応用されるように促すことにあります。

最新Research

超解像顕微鏡法のための最適輸送による共局在化

Colocalization for super-resolution microscopy via optimal transport

掲載

誘導放出抑制(Stimulated Emission Depletion:STED) 顕微鏡法は、回折限界を超える解像度での撮像を可能にする。ここでは、高解像度STED画像における高分子の分布を解析するための最適輸送共局在化を提案する。

機械学習による細胞の不均一性と遺伝子調節の解読

Machine learning for deciphering cell heterogeneity and gene regulation

掲載

膨大なデータセットが利用可能になったことで、遺伝子調節やエピジェネティックな機構による制御を体系的に研究することが可能になった。本Reviewでは、こうしたデータセットから効果的に知識を抽出するために用いられる最新の計算手法を紹介し、検討する。

その他の「最新Research」

コレクション

計算科学研究コレクション

間近に迫ったNature Computational Science の創刊を記念し、他のNature 関連誌のコンテンツを集めて、さまざまな領域で計算科学がどのように展開し、実践されているかを紹介します。

その他の「コレクション」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Computational Science に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度