Nature Computational Science

Nature Computational Science は2021年1月創刊のオンライン限定の月刊ジャーナルで、成長を続ける計算科学分野の基礎研究と応用研究の両方に関心を持っています。

本誌は、計算手法や数理モデルの開発と利用や、さまざまな科学分野にまたがる複雑な問題に対処するための応用に焦点を合わせたジャーナルです。本誌の主な目的は、学際的な研究を促進し、新しい計算手法が多くの研究分野に応用されるように促すことにあります。

最新Research

マルチオミクス解析における、公にされず、対処もされていない、無視された課題

Undisclosed, unmet and neglected challenges in multi-omics studies

掲載

生物学的試料の理解を深め、分子間相互作用を推測するために、マルチオミクス解析が利用されることが増えてきている。しかし、マルチオミクスデータを最大限に活用し、誤った結論を導かないようにするためには、まだいくつかの課題に取り組まなければならない。

D4フォーマットと4ツールによる量的ゲノミクスデータの効率的な解析と保存の両立

Balancing efficient analysis and storage of quantitative genomics data with the D4 format and d4tools

掲載

ゲノミクスデータセットのためのD4フォーマットは、比較的低分散の配列被覆度にもとづく適応的符号化戦略を採用している。この符号化は、生物学研究のためにこれらのデータセットに対してクエリを実行する速度を向上させると同時に、既存のフォーマットよりも優れた、または同等のファイルサイズも実現する。

その他の「最新Research」

コレクション

計算科学研究コレクション

間近に迫ったNature Computational Science の創刊を記念し、他のNature 関連誌のコンテンツを集めて、さまざまな領域で計算科学がどのように展開し、実践されているかを紹介します。

その他の「コレクション」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Computational Science に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度