Nature Computational Science

Nature Computational Science は2021年1月創刊のオンライン限定の月刊ジャーナルで、成長を続ける計算科学分野の基礎研究と応用研究の両方に関心を持っています。

本誌は、計算手法や数理モデルの開発と利用や、さまざまな科学分野にまたがる複雑な問題に対処するための応用に焦点を合わせたジャーナルです。本誌の主な目的は、学際的な研究を促進し、新しい計算手法が多くの研究分野に応用されるように促すことにあります。

最新Research

推論をシミュレートする説明可能なニューラルネットワーク

Explainable neural networks that simulate reasoning

掲載

著者らはニューラルシステムが認知機能を符号化する方法を実証し、提案したモデルを用いて、説明可能で、記号推論とドメイン一般化が可能な、ロバストでスケーラブルな深層ニューラルネットワークを訓練する。

深層拡散MRIトラクトメトリーを用いた個人の微細構造異常の検出

Detecting microstructural deviations in individuals with deep diffusion MRI tractometry

掲載

著者らは拡散磁気共鳴画像トラクトメトリーデータのためのブラウザベースの異常検出フレームワーク「Detect」を提案する。このツールは、深層オートエンコーダーを用いて健康な実験参加者から得た脳微細構造の規範的特徴を利用し、個人レベルで異常を検出する。

その他の「最新Research」

コレクション

計算科学研究コレクション

間近に迫ったNature Computational Science の創刊を記念し、他のNature 関連誌のコンテンツを集めて、さまざまな領域で計算科学がどのように展開し、実践されているかを紹介します。

その他の「コレクション」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Computational Science に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度