Nature Reviews Chemistry

純正化学と応用化学のさまざまな領域をカバーする Review、Perspective、Research Highlight、Commentary を掲載するオンライン限定 Review ジャーナルNature Reviews Chemistry を2017年1月に創刊しました。

最新Review

進化するフィトカンナビノイドの科学

The evolving science of phytocannabinoids

掲載

カンナビノイド受容体と結合する植物由来リガンドであるフィトカンナビノイドの一部は、有望な医薬品となる。本Reviewでは、他の方法では実用的な規模で得ることができない化合物の研究を可能にするために、フィトカンナビノイドと代謝物の化学合成について取り上げている。薬剤候補の入手可能性は政策問題によっても阻まれるが、ここでは、所有、使用、規制に関しても論じる。

水素生成とCO2還元用の低次元触媒

Low-dimensional catalysts for hydrogen evolution and CO2 reduction

掲載

水や二酸化炭素の電気化学的な酸化と還元は、エネルギーの放出と貯蔵を伴う。本Reviewでは、電極触媒的および光触媒的な水素生成とCO2変換を目的とした、低次元材料とそのファンデルワールスヘテロ構造体の設計と使用における最新の進展について報告する。

Nature Reviews Chemistry について

Nature Reviews Chemistry は、純正化学と応用化学のさまざまな領域をカバーする Review、Perspective、Research Highlight、Commentary を掲載するオンラインジャーナルです。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

Nature Reviews Chemistry では、毎月1回、毎週発行される「Review」と「Perspective」「Comment」と、最新号に掲載の他のコンテンツの概要、また関連する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度